今回使ったチェキとチェキ写真のテーマについて教えてください。

今回使ったチェキは「instax mini 50」です。
ぜんぶ、バラバラに撮ったチェキです。
ピクニック・おさんぽ・カフェ・おうち色んなシーンで気軽に撮って楽しいのがチェキなので、
どんな時でも、今!を可愛く残しておけます。
中でも、楽しい顔が似合うのがチェキ。楽しい仲間達や恋人と出掛けるときには必ずかばんに入れていきます。
そんな楽しいお出かけの中から、お気に入り達を選びました。

 

チェキの魅力について教えてください。

チェキの魅力は、たくさんあります。
いちばんは手軽さ。
フィルムも可愛くて小さいので撮りやすい、持ち歩きやすい。
そして、すぐに写真を見ることができて、フィルムのぬくもりがある。
次に”あいまいさ”がとても良い。
クリアすぎないのがとても良いですね。接写レンズを味方につければ、小物写真のバックをぼかすこと、わざとピントをずらして遊ぶこともできます。
使っているうちに焦点距離やファインダーとのズレも分かってくるので、そうなればもう何でも撮れちゃいます。
最後に、白枠。
ペイントもコラージュも自由自在。フォトメッセージカードにもなる万能空間です。
 

いつも使っているカメラとチェキってどんな違いがありますか?

撮ってその場でみんなで見れる。しかも、デジタル画質ではなくフィルムらしいソフトな画質で。
晴れた日の発色がとれもキレイなので、ピクニックなどの青空の下でのお出かけには最適です。
天気によって発色が少し違ったり、ピントが合ったりぼやけたり、ファインダーとのズレも”やんわり”感を楽しめるポイント。
仲良くなればなるほど、思い通りに撮れるようになるので、連れだすほど楽しさが増していきます。

 

最後に、あなたにとってチェキとは?

その時、その瞬間の状況にとても素直なのが大好きです。
とても直感的に撮れるのに、どこかやんわりと曖昧な写りをする。
人間みたいで愛らしいですよね。初代チェキから使いはじめて14年くらいで、今は2台目ですが、今の方がもっとチェキが好き。
自分のテンションとチェキのご機嫌が合うと、すごく楽しくなります。
その場ですぐ見れるので、すぐ現像してアルバムに入れたい私にはピッタリです。コラージュもやりだすと止まりません。
はじめはピントやファインダーのズレが難しく感じるものかもしれませんが、使っていくうちに呼吸がだんだん合ってくるので、あなたの好きな場所へたくさん連れていってあげてください!!

 


 

チェキともNo.4

suzuki_00

シオミナホ Naho Shiomi

チェキフォトグラファー
中学生のときにどうしても欲しくて初代チェキを買う。フィルムカメラ・ポラロイドなどを使いながら、チェキの魅力にとりつかれて、現在はチェキメイン。お出かけのかばんの底にはいつもチェキフィルムがびっしり。チェキが好きすぎるチェキラバーズです。
facebooktwitter